検索フォーム
QRコード
QR

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそもトイプーを飼い始めた理由。

2012.06.25
久々に自転車に乗ったら捻挫してしまった

単なる運動不足な ひぃちゃん 今日この頃です。


line600x30px010.jpg


こんにちは。

そもそもトイプーを飼い始めた理由なのですが、



元々動物を家で飼うことには昔から反対でした。



だって、やっぱり死んじゃったらかわいそうだし

匂いだって・・・

毛だって・・・

吠えるし・・・

・・・



と、普通にペット反対派の理由でした。



でも不思議なことに

無性にワンちゃんを抱っこしたくなる時がありまして、

そんな時は自然とペットショップに足を運んで

その店の看板犬などを抱っこさせてもらったりしていました。


何度か抱っこさせてもらっていて気が付いたのですが、



自分 癒されてる



しかも見つめられるワンちゃんの瞳ときたら



徐々に引き寄せられるのでした。



ところがひぃちゃんワンちゃんのことは全く知らず・・・

わんちゃんの種類も柴犬とトイプーしか頭には無く


とりあえずブログを読んでみよう


てなわけで、初めてお邪魔させてもらったのが


「トイプーブログ☆いっしん→フランに奮闘中!」


だったんです


はっきり言ってブログを利用すること自体初めてだったので、

最初に一気読みですよっ   

奥さんっ奥さんっ


てかホントにひぃちゃんにとってヒットだったんです(*^_^*)



それからトイプーに関するお勉強が始まりましたよ



だって実際飼うのにはあと二人の承諾を得なければいけないでしょ?




結構難しかったのは意外とわが息子(当時7歳)でした



「だって ワンちゃん来たらそっちばっかり可愛がっちゃうでしょ

「え~っ! 家がボロボロになっちゃう!出かけるときは?・・・」



まぁそんなに時間はかかりませんでしたけど、何とか説得して家族の許可が下りました。




そうなるとこっからは得意技!!

ひぃちゃんメチャメチャことを進めるの早いんですよ~



まずはお友達の意見も聞きながらワンちゃん探し開始!

保険から何から何まで周りから固めて


ほらっ
068.jpg
そして
074.jpg
ジャジャ~ン!!

この時はまだまだワンちゃんは迎えていなかったのですが



やっと素敵な出会いがありまして

033ハロー
キャ~
キャワユイ~


Jill(ジル)と名付けました(*^_^*)


少々さっぱり系なお顔立ちですが 女の子です❤



もぉーこの可愛さにうちのご主人もオチビ(我が子)もデレデレでしたよ(~_~;)


まだ冬だったのでこんなのも編んであげたんですよ!217.jpg

女の子なせいか・・・

なぜかうちのご主人に懐くんですよねwww くやしい・・・
077.jpg

076.jpg

でもJillが我が家にやってきてくれたお蔭で

ほ~んとに毎日がより楽しくなりましたし、

子供との大切な時間をよりもっと楽しく過ごせるようになりました。



感謝してますよ!Jillちゃん(*^_^*)







ポチッとしてね!




にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
こちらも応援宜しくお願い致します。















スポンサーサイト

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント

いっしんさんへ★

いらっしゃいませ~v-10

いっしんさんもフランくんの為にバッグやクッションなど作っていましたよねv-218
お気に入りのキリンさんでしたっけ?
あれ妹のわんこ(ミランちゃん)も
持ってて同じことになっていました。

リンクよろしくお願いいたしますv-436

ひぃちゃんさん、こんにちはー♪
遊びにやってまいりました!^^

私のブログがきっかけで、
とおっしゃってくださって
改めて!本当に嬉しいです!
ついおさぼりしちゃうブロガーですが(苦笑)
すっごく励みになります♪

jillちゃんをお迎えするのに
用意バッチリだったんですねー!素晴らしい!
うちなんて、衝動飼いだったもんだから
何にも揃ってなくてあたふたして大変でした(笑)
手編みのお洋服もめちゃめちゃ可愛いですねー♪

あれかしら、
やっぱり女の子ってパパっ子になる子が
多いのかな~^m^ぷぷぷ☆

※私もブログをリンクさせていただいても
よろしいですか~?o(*^ー ^*)o

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。